2008年05月21日

買い物袋ストッカー

エコバックをお使いの方も多いと思いますが
私が住んでいる地域は買い物袋でゴミが出せるため
ある程度買い物袋をストックしておく必要があります。

でも、買い物袋ってゴチャゴチャしませんか?

まめな性格の方であれば
シワを伸ばしてキレイに畳んで収納するという手もありますが・・・
私には無理です。(キッパリ

無理なら解決策を考えよう。

と言うわけで、
こういうアイテムを利用する方法があります。
楽だし、キレイです。


上から投入。
下から取り出す。
という形の、買い物袋ストッカーです。
こちらは巾着型ですが、ただの穴になっているものもあります。

私の場合、市販品には入らない気がしたのと、
大きい袋用、小さい袋用に分けたかったので
自作してしまいました。

袋を縫える。それだけのスキルで十分&シンプルです。
買い物袋ストッカーのコピー.gif

あまり縦に長いと、買い物袋を入れる際に背伸びをする必要が出たり
買い物袋を出す際にしゃがむ事になりますので
長さは身長と設置場所に合わせて下さい。
収納量は横幅で調整して下さい。

下辺の角をカットしているのは、
古い袋が角に溜まるのがちょっとイヤだからと
取り出しやすくするためです。

取り出し口は、手を入れられる大きさを基準(円周30cm)にしましたが、
落ちずに取り出しやすいサイズとなりました。
チョットいつも買い物袋がコンニチワですけどねw

ハンドメイドなので、ある程度修正しやすいはず。
お好きなように作ってみて下さいね。
posted by ムゥ at 22:05 | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

フードプロセッサー

どなたにでもおすすめするわけではありませんが、
人によっちゃ、とにかく便利です。

玉ねぎのみじん切りを良く使うならオススメ
ハンバーグを良く作るならオススメ
ミートソースを良く作るならオススメ
それらを大量に作る方ならものすごくオススメ

大量に作らない方や、
普段作るレシピに「刻む」系の動作が少ない方にはおすすめしません。


フードプロセッサーがあれば、
バラ肉や切り落としを、自分好みにミンチできるので
ひき肉を買わないで済むのもイイトコロ。
ひき肉は傷みやすいですしね。

またハンバーグは、フードプロセッサーだけでできてしまいます。
 ・玉ねぎザックリ切る。フープロに入れて回す。
 ・バラ肉をフープロに入れて回す。
 ・卵、牛乳に浸したパン粉、塩こしょうナツメグをフープロに入れて回す。
 ・焼く

買う時のポイントは「大きさ」
手軽に使うために、出しっぱなし前提の方が活躍します。
棚にしまうと出すのが面倒で使わなくなってしまいます。
だから「出しっぱなしにできる大きさ」が最重要ポイント。
それと、あまりに大きいとあちこちにガコガコ当たって、洗いにくいです。
かといって小さすぎるとハンバーグは作りにくい事も。
目的に応じて設置スペースと、容量に注意して下さい。
▼こちらのサイトには省スペースのプロセッサが結構ありました。
フードプロセッサー


他の「刃」については、ホイップできるモノが極たまにつかえるかな?
という程度で、
私が買った機種はすり下ろし系が全く実用的ではありませんでした。
通常の刃だけでも十分だと思います。


個人的には
ポークビーンズやミートソース
ハンバーグやミートボール
飴色玉ねぎなど、冷凍ストックを作る時に大活躍しております。
キッチンで使う道具はタンスの肥やしになりやすいので
どういう風に活用するかを考えてから購入した方が無駄が出ません。
posted by ムゥ at 20:46 | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

木べら

お料理をする方であれば
木べら、もしくは耐熱性のゴムベラは1本持っておいて損はないです。

私はあまりフライ返しを使いません。
使うのはお魚をひっくり返す時くらい。
炒め物等、フライ返しを使うと
洗うのが面倒だし、良く混ざらないんですよね。

炒め物や、液体をかき回す作業等、
「混ぜる事」は木べらが大活躍します。
特に炒めてから煮る料理の時には、使いやすいです。

調理器具を選ばないのも嬉しい。
テフロン加工用にはコレ、それ以外はコレって調理器具増やすのもね・・・


個人的に、木べらの好きところは、削れることじゃないかと。
ちょっと握りにくいなぁ→ヤスリで削ればOK。
100円ショップで購入した、ちょいとササクレたものでも、
自分用に調整可能なのがいいところ。
木製品なので、使い込むと味もでてきますしね。

買ってすぐ洗剤で洗って乾かし、サラダオイル等を薄く塗っておけばOK。
通常使用であれば、使用後すぐに洗うだけ。
ささくれてきたりしたら、耐水サンドペーパー等で整え
サラダオイル等を塗れば復活。


ボウルの中身をキレイにフライパンに移す。といった時は
ゴムべらの方が「しなる」ので使いやすいですね。
ゴムベラを購入する時は、耐熱用のものを購入すると炒め物等にも使えます。

ゴムだかプラスチックだかのスケッパーもいいですね。
本来はお菓子作りに使うものですが、
これ、食器のヨゴレ落としに最適なのです。
カレー皿のヨゴレとか、スケッパーでざっととってからスポンジで洗えばスポンジもベタベタしません。
100円ショップにも置いてあります。
もちろんゴムベラでも代用可能です。
posted by ムゥ at 17:31 | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。