2008年04月28日

スクラップブッキング

先日結納代わりの食事会が終わったばかりなので
ちょいと忙しくなりそうですが
結婚準備のネタも紹介できそうです。

食事会の時良く分かったのですが、両家とも固すぎないというか・・・
 行きの飛行機の時間を勘違い、予約した飛行機に乗れなかった彼両親(次の便にのれました)
 婚姻届をどっかに忘れる彼氏(後で見つかりました)
 ふらっと行方不明になるフリーダムな私の母(なぜか家の中で消えました)
そしてそれらを笑い話にできるヒトタチ。

今後もきっとなんかやらかすだろうなぁ〜というわけで
ネタが増える事を期待して、
結婚準備に起きた出来事を、
スクラップブッキングでまとめようかなと思っています。

スクラップブッキングとは、
クラフトホビー+アルバムの様なもので
写真や紙を切り貼りしたり好きな素材やパーツを使って装飾するホビーです。
写真がなくても、例えばチケットや印刷した地図を貼ってもOK。

作り手の趣味に応じて、シックにもシンプルにもポップにもなりますし
基本は「紙の切り貼り」なので誰にでもできます。
保存する事を考えて糊の種類や台紙にはご注意下さいませ。
専門のショップで販売している道具を確認すると良いかもしれません。

急いで作るものではなく、
時間がある時にゆっくり思い出を思いだしながら整理するので
忘れないように
軽く「その時何が起こったのか」は、メモしておくと後で助かります。

糊で写真や素材を貼り付けるのが嫌だったり、取り外し可能にしたい場合は
フォトコーナーシールがおすすめです。
簡単に言うと「シール付き三角コーナー」
写真の角4つ全てにフォトコーナーシールをセットして台紙に貼ります。
写真のサイズは問いませんし、コスト的にも◎
重いものや厚みのあるものには向きませんし、
接着力はそれほど強くはないのでご注意下さい。
posted by ムゥ at 21:56 | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

マスキングテープ

「少年」の経験をお持ちの方であればご存じかもしれません。

マスキングテープとは
塗装などをする際に塗料を塗りたくない(汚したくない)部分に貼る
養生用のテープのこと。

貼ってはがす事を前提に作られているので
粘着力が弱いのが特徴。
また、カットしやすいのも特徴で
一般的には紙製のものが多いです。

例えば、タイルの貼り替え等の本格的なDIYをする再に、
汚したくない場所をビニールで覆いますが、
ビニールを固定する時にマスキングテープを使えば、
後ではがしやすく糊も残らないというわけです。

注意すべきところは、
貼りっぱなしにすると、はがしにくくなること。
後ではがす必要がなければそれほど問題ではありませんが、
はがす必要があるのに「長期の貼りっぱなし」に向きません。


ですが、一時的に貼ったりまとめたり
紙製であればメモを書けるので付箋代わりにできるうえ、
付箋よりも扱いやすくて低コストなので
バンバン使ってガンガン捨てられるポイントは見逃せないところ。

私の引越の時にも役立ちました。
分解した家具のパーツや、金具をまとめたビニール袋に
マスキングテープを貼って「コレは○○です」と書いたり
入居前の新居にバルサンをする際、窓の隙間を埋めるためにつかったりしました。



様々なカラーのテープも出ています。
ちょっと封をする時に使うと素敵です。
また、重ねて貼る事で色が透けるのもおもしろい。
クラフト素材としても魅力的。
パンチで型抜きをするのもいいですね。
カラフルなマスキングテープ


面白い上に、なかなか遊べる素材だと思います。
posted by ムゥ at 17:38 | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

伝票整理 スマートファスナー

文書整理 ハンギングファイルでもチラっと書いた
伝票類の整理品についてです。

私の場合は発送伝票や、納品書を整理しています。
こやつらの問題は、どれくらいの量に増えるか
サッパリ分からないこと。

昔ながらの整理法ですと「とじひも」を使う方法がありますが、
これが結構メンドクサイ・・・。
イチイチ結んだり、緩くなったり、伝票が破れたりします。
紐なのでナヨっとしてますし。

かっちりしたリングファイルを使うと扱いやすくなりますが
予想より増えたり、少なかったりした場合に
ムダにスペースをとったり、変な時期で伝票が分割されたり・・・
となるケースもあります。
また、こちらはコストが高め。

そこで、私は↓を使っています。
■スマートファスナー
穴間隔80mm(一般的なパンチ穴の幅)の書類対応

伝票を通すパーツと、押さえるパーツの2つで構成。

■良いところ
 ・材質は少しやわらかいプラスチックなのでしっかり止ることが可能。
 ・綴じる方法が簡単。
 ・紙が少なくても、増えても(最大7cm)キッチリまとめられる
 ・現実的なコスト

大ざっぱ、かっちりしたリングファイル1個分のお値段で
25個入りです。
とじひもと比べればコストはかかりますが、許容範囲かなとも。

綴じ方は、説明が難しいのですが
クイっクイっ という感じです。
・・・全く説明になってないので、こちらの図を見て下さい。

表紙と裏紙を自分で作って、色分けしておくのもおすすめ。
最初に裏紙をセットし、伝票類をどんどんファイリング。
年度末等の「もう増えない」タイミングで表紙をセットすれば
そのまま保管しても分かりやすいです。
こだわる方は、背表紙もつけてしまいましょう。
個人事業主の方も5年保存しておかなきゃいけませんしね。


■問題点
 ・色が黄色しかない。
 ・綴じる時にひっかかる部分がある。
 (プラスチックなのでカッターで削って対応可)
 ・綴じ棒部分が長めのため、
  書類が増える最中は立てて置けない。
  (〆た後は綴じ棒部分をハサミでカットできるので立てて保存可能。)

文具には相性もあるので
自分の性格に合うかも?と思ったならおすすめします。
posted by ムゥ at 14:45 | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

両面テープ

あえて紹介するほどの文房具ではないかもしれませんが
最近両面テープの良さに気づいてしまったので
書いてみます。

言わずもがな、両面が粘着シートになっているテープです。

以前は、手がベタベタしなくていいなぁ〜程度だったのですが
最近改めて魅力に気づきました。
その魅力とは、紙がシワシワにならないこと。

例えば、雑誌の切り抜き等を整理する時、
ノリだと水分のせいでふにゃっとなります。
それが両面テープだと、ピシッと決まります。

それに、ノリを使った場合
はみ出た部分がベトベトして嫌ですが
両面テープであれば、片面貼り付けた後カットしてしまえるのも素敵。

例えば、星形の紙を貼り付けようとします。
その形にピシッとノリをつけようとすれば、はみ出る事確定。
星の先とかにノリがついていない事もありますよねー。
両面テープであれば、大きめに貼り付けてからはみ出た部分をカットすれば
全面にキチンと貼れます。


■両面テープの使い方
使い方のコツは、テープを全部はがしてから接着せず
少しずつはがしながら接着すること。
「変なトコくっついたー!」という事態を防げます。

最後はしっかりと圧力をかけて接着してください。
逆に、圧力をかけずふんわりと置いただけ
という状態であれば結構張り直しがききます。

コストとゴミ(剥離紙)は問題ですが、扱いやすさと手間を考えると
中々魅力的なアイテムだと思います。

□ちなみに・・・
私が購入した際は幅と長さで値段が異なりました。
長さで値段が変わるのは分かるんですが、
なぜか幅が5mmのものより10mmの方が安かったです。
(幅のサイズはうろ覚えです。)
一時的な価格かもしれませんが、参考までに。


■両面テープの類似品
両面テープの類似品と言って良いのかわかりませんが、
「テープのり」もありますね。
両面テープの剥離紙無しバージョン(粘着面のみ)を
接着したい部分をなぞるだけで貼るというもの。

大量の封筒の封をする時は非常に効率的でした。

ただ、本体とカートリッジで構成されていますが、
使い続けていくうちに、どうしても本体に糊が蓄積してしまいます。
その結果、糊にテープがくっついたりと、無惨な結果になることがあります。
本体を買い直せば問題はありません。

でも、急に使えなくなると結構イライラきます。
最終的には改良までやって頂けるとありがたいですが、
「本体交換の目安カートリッジ○個分」と明記して
「交換回数○回目」と記載できる箇所を設けるだけでも違うかナァっ
なんて思いました。
「後1回交換したら本体買っておこ」て思えるかなと。


以上、妄想と感想でした。
posted by ムゥ at 14:22 | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

文書整理 ハンギングファイル

紙類を小動物の如くたっぷりためてしまう
面倒くさがりだからこそ、
「手間のかからない整理整頓」には興味てんこもり。
しかも、文房具大好きです。

そこで、ハンギングファイルを入手しました。
海外ドラマではおなじみのファイルで
突っ込むだけで分類完了という手軽さが魅力です。
※下にハンギングファイルの簡易図があります。


他の書類整理グッズとの比較をしてみました。
参考サイトは、私お気に入りの
イーオフィス
さんのものです。


■クリアファイル
突っ込むだけという手軽さは魅力です。
外出する時等の一時ファイルとしては最適。
雨にも濡れませんし。

ただし、クリアファイル自体の保存が問題。
クリアファイルだけを立てて保管しようとすると、へにゃりとするので、
どうしても重ねてしまいがち。
一発で何が入っているか分かりにくいのも問題。
結局何がどこにあるか分からなくなります。
滑りがイイのでなだれ発生率もUP。
長期保存には向かないと思います。

私の場合、クリアファイルは
濡れないためと書類が曲がらないためだけに使っています。

タグと仕切りがついていて、
書類が分類できるタイプのクリアファイルも存在します。
こちらも持っていますが、タグの場所が問題。
立てて保存した場合、奥側にタグがある状態に。
結局取り出して確認する必要があります。
持ち運び用か、ハンギングファイルと併せて使った方がいいですね。


■紙ファイル(クリアファイルと同じ形状で紙製のもの)
クリアファイルの「雨が降っても大丈夫」という利点はなくなりますが、
ファイルに書き込みができるのが利点です。
クリアファイルよりも色が多いので、
家事や仕事など、ジャンル別に色分けすれば
タグを書かなくても大体区別できるのも良いところ。

ただ、クリアファイルよりも、へなっとしやすいです。

私はこちらをハンギングファイルと併用して使っています。
例えば「進行中の仕事」という分類のハンギングファイルに
プロジェクト毎に分けた紙ファイルを入れています。
外出時は、クリアファイルに紙ファイルを突っ込む事もあります。

 →ウィンドーファイル Ordo Classico(罫線入)


■リングファイル
良く使われますが、長期保存用と割り切った方が良さそうです。
タグもつけられるし、名刺用やパンフを入れるリフィル、写真台紙等も使用できるので整理には向きます。
ただ、パンチの利用が必要だったり、整理に手間がかかるので
「どうしても保存したい情報」だけに絞る事をおすすめします。

意外と後々まで必要な書類って無いですから
無駄に書類を保存するのは、スペースも労力もモッタイナイです。

私はリングファイルは説明書や契約書の保存に使っています。
ほとんどはA4の透明リフィルに突っ込んでいるだけですが。
小さなパンフを入れられるリフィルも販売しているので
探してみて下さい。

ちなみに、側面だけでなく表と裏面にも紙を入れられるタイプのファイルもあります。
好きな表紙を印刷してお好みのファイルを作成する事も可能です。

例えばですが、私の場合だと
結婚式のアルバム作成を業者に依頼する代わりに
こちらを利用してまとめようかなと思っています。
 →表と裏面にも紙を入れられるタイプのファイルはこちら



■ソーティングファイル(じゃばら状ファイル)
ファイルを開くと中が区分けされているファイルで、予めタグがついているものが多いです。
これも、突っ込むだけで分類ができるので結構使いやすいですし、
持ち運びにも便利です。

私はずっとこれを使っていましたが、問題がありました。
底面がくっついていないため、持ち運ぶ内にシェイクされてしまって
レシート等の小さいものは、いつの間にか混ざっている場合があります。
大きいものや通常の書類などは問題ありませんでした。
また、分類項目を増やせないのも難点です。

 →ソーティングファイル


■ハンギングファイル
こんな感じのファイルです↓
ハンギングファイル
※画像作成:ムゥ

突っ込むだけで分類できますし、
クリアファイルや紙ファイルを突っ込む事も可能なので、
クリアファイルの保存場所としてもおすすめかも。

クリアファイル以外にも、もちろん封筒等を突っ込む事も可能なので
未分類はそのままハンギングファイルへ入れて
分類が済んだものだけ封筒やクリアファイルへまとめる。
なんて整理方法もあります。

ハンギングファイルを引っかけることができるボックスが必要です。
ボックスをそのまま外に出してもいいですし、
引き出しの中に格納する事もできます。

ファイルを専用ボックスに引っかけて使用するので
ファイルの数が少なくても問題ありませんし、
「なだれ」を起こす心配もなし。

ファイルは、側面がまるっと空いているので
細かい書類がはみ出そうですが、
そのまま持ち運ぶ必要がないからか、今のところ問題は起こっていません。
ファイル自体を増やす事も可能です。

 →ハンギングファイル


まとめると・・・
 一時保存→ハンギングファイル(これだけでも結構分類できる)
 外に出るとき→クリアファイルin紙ファイル
 外から戻ったら→紙ファイルをハンギングファイルに突っ込む
 保存が必要なもの→リングファイル
という整理方法がおすすめです。

ちなみに、伝票類等の整理はまた別のおすすめアイテムがあります。
それはまた後日ということで。
posted by ムゥ at 15:23 | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。