2008年05月13日

喪服のルール

私の家系は病弱なのに長生きなので
葬儀に出たことは1度しかないのですが
そろそろ喪服をキチンと揃えようかなと思って調査しました。

服・バッグ・靴の基本は
・光沢のない生地。殺生を連想させるものは×
・金具などの光りものは×
・黒
・シンプル
です。

服は、無地のワンピースかアンサンブルスーツ。
女性の正装はスカートなのでご注意下さい。

色々見てみましたが、凝ったデザインのものを選択するよりも
シンプルで汎用性の高そうなものを選択した方が
年齢問わず使える上に、流行にも囚われず、失礼にもならないので
良さそうです。
  


黒ストッキング着用。
靴はシンプルなパンプス。ミュールやサンダル不可。

装飾品は、婚約&結婚指輪は可
黒いものやパールはOKと言われていますが、
パールのネックレスは1連だけOK。
ネックレスかイヤリングどちらか片方だけ。
等の決まりがあるようです。

メイクは極めて控えめに。
香水、マニュキュアは使用しないのが正式です。
髪が長いのであれば、まとめて下さい。


男性の場合はスーツ。
シャツだけ白。それ以外全部黒で。
女性と同じく光りもの素材や金属は不可。
(靴に注意。金属の留め金やエナメル素材は不可と言うことです。)

本当に地味でシンプルであればOKな様ですね。

不幸は突然起こりますので
まとめておいても良いかもしれません。

■不祝儀セット(女性用)
 ・ふくさ
 ・不祝儀袋
 ・薄墨の筆ペン
 ・エプロン(お手伝いが必要な場合あり。白と黒、両方あるとベスト)
 ・黒ストッキング×2
 ・髪留め用の輪ゴム
 ・ハンカチやティッシュ
 ・数珠
 ・ある程度のお金

調査中に、弔事用のバッグ、サブバッグ、ふくさがセットになって
かなり安い商品を見つけたので、参考にどうぞ。
フォーマルバッグ3点セット
posted by ムゥ at 13:58 | TrackBack(0) | 冠婚葬祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。